7クラスの部門別に分かれトーナメント戦で勝ち進んでいきます。

 【第6回大会から新たに65歳以上の部を新設しました】

 優勝者が本大会のチャンピオンとなり、チャンピオンベルトが授与されます。

 試合はプロボクシング同様10点法の採点により勝敗の判定をします。

 試合をおこない勝ち進んでいくことで総合得点が加点されていきます。

 総合獲得得点、または何勝したかによってC級~A級へと上がっていきます。

 また総合獲得ポイントの順でランキングが決定していきます。



 
 

 対戦シャドー 

 ◦対面に向かい合いシャドーボクシングをします。

 ◦1分30秒×2R(インターバル30秒)

 ◦第9回大会より「65歳以上の部」は男女混合でおこなうことになりました。

 ◦60歳以上の女性は「女性の部」または「50~64歳の部(男性と同じ部)」のどちらかを 選択することができます。
 お申し込みの際にどちらの部にエントリーするか申込用紙にご記入ください。

 ※「女性の部」選択の場合    1ポイントのハンディあり
   「50~64歳の部」選択の場合 ハンディなし


 ※U-12及び50歳以上の部は1分×2R(インターバル20秒) 女性の部50歳以上の組合せは1分×2R(インターバル30秒)

 

 評価基準 

 1.クリーン・エフェクティブ・ヒット

  ・・・明らかに的確なパンチをヒットさせている。

 2.ディフェンス

  ・・・相手の攻撃に対して的確な対処ができており攻撃に繋げている。

 3.リング・ゼネラルシップ

  ・・・試合態度が堂々としており、戦術、戦法的に相手より優れ、巧みな試合運びができている。

 4.パフォーマンス

  ・・・スピードやスタミナが明らかに上回っている。挨拶、フィニシュブローができている。(ゴング後3秒間静止)

 

 採点 

 10=10 (互角の場合)
 
 10= 9 (若干の勝ちの場合)

 10= 8 (明らかな差がある勝ちの場合)

 10= 7 (すべてにおいて圧倒的な差がある勝ちの場合)

 注意=中心の輪に1回接触。攻撃時、拳を握っていない場合

 減点=中心の輪を2回踏んだ場合1点減点。相手に接触した場合

 失格=一回目でもレフェリーがあきらかに悪質と判断した場合は失格とする

 減点=中心の輪を2回踏んだら1点減点。相手に接触した場合は両者に減点※レフェリーが判断する。

 ドロー=引き分けの場合はジャッジが優勢者を決定する。

 ハンディ=【女性の部】60歳以上は1ポイントのハンディをつける

 3名のジャッジのうち2票以上獲得した者を勝者とする。


2016年4月10日 第13回エアボクシング大会表彰式